ブラックホールの回転が「ラジオ」のボリュームを上げる
2018年1月14日

天文学者が「ラジオ」のボリュームを上げる新しい方法を見つけました。音量のつまみを回すのではなく、とても巨大(きょだい)なブラックホールを回すのです!

ラジオから聞こえてくる歌は、スピーカーから私たちの耳まで音、つまり音波(おんぱ)で伝わってきます。でも、家にあるラジオまでは、放送局から「電波(でんぱ)」で送られているのです。電波は音ではなく、目には見えない光のなかまです。電波を英語で「ラジオ」といいますが、この記事のタイトルで使っている「ラジオ」はその電波のことです。

電波は目には見えませんが空気中を伝わって、私たちに音楽や写真やデータを送ってくれます。これが実におどろくほど様々な方法で、四六時中私たちの身の回りでおこっているのです。けいたい電話、Wi-Fiスポット、ほかの数多くのワイヤレス技術ではみんな、通信に電波を使っています。

電波は宇宙からも届いています。惑星(わくせい)や恒星(こうせい)、そして銀河もみんな電波を発しているのです。その中でも一番強い電波を発するのが、とても巨大なブラックホールです。

このページの一番上にある想像図では、とても巨大なブラックホールがガスをのみこんでいる様子がえがかれています。のみこまれて永遠に見えなくなる前に、星から落ちてきたガスはブラックホールのまわりで加速され、とても速く回ります。この高速でまわるガスが、宇宙に強いビームを放つのです。

しかし、巨大なブラックホールがみんな同じ強さの電波を放つわけではありません。天文学者は長い間、この理由を上手に説明することができませんでした。

最近、研究チームが、このなぞをちゃんと調べることにしました。8千個もの巨大なブラックホールをひとつひとつ見て、強い電波ビームがあるものとないものを比べました。その結果、回転がかぎをにぎっているかもしれないことがわかりました。

宇宙には、回転しているものがたくさんあります。地球、太陽、銀河などで、ブラックホールも例外ではありません。この新しい研究結果によると、ブラックホールの回転が速いほど、より強い電波ビームを放つようです。

国立天文台による日本語サイトあり

知っ得ダネ

何かが止めない限り、電波は永遠に宇宙の中を旅します。もしかしたら、地球からの電波が太陽系の外に出て、別の惑星に届いているかもしれません。ビヨンセやみなさんがテレビでよく見ている歌手の歌を、宇宙人はどう思っているでしょうか?

This Space Scoop is based on a Press Release from NAOJ.
NAOJ

この記事は、日本の国立天文台からの報道発表によっています。

写真
印刷用ページ
もっとスペース・スクープについて

もっと知りたい方へ

スペース・スクープとは何?

天文学の発見

つぎの宇宙探検家を励ますこと

スペース・スクープのなかまたち

お問い合わせ

This website was produced by funding from the European Community's Horizon 2020 Programme under grant agreement n° 821832