宇宙犯罪の証拠集め
2014年3月4日

  ちょっと次のような光景を思いえがいてみてください。暖かい夏の夜、今あなたは人の住むところからだいぶはなれたいなかにいるとします。風はなく、静かに聞こえる虫の音のほかには何も聞こえません。あなたは、よくのびている草に囲まれ、毛布の上で寝転がって美しい夜空を見上げています。月はあなたを見おろし微笑んでいるし、星々は幸せそうに輝いています。こんな、とってもリラックスした時を想像できますか?

  でも実際は見かけと同じではありません。宇宙の奥深く、近くの天体にむごたらしく引き裂かれている渦巻き銀河があります。

  その銀河は、ESO 137-001 と言い、実際は宇宙のチリでできた厚い霧に包まれていて、私たちの目では見えません。ても、ありがたいことに、ハッブル宇宙望遠鏡の強力な性能のおかげでこのような写真でその銀河を見ることができます。

  ESO 137-001 は、エイベル3627 という銀河団(じょうぎ座銀河団)の中心部を移動しています。そして動くにつれて、周りを取り囲んでいるほかの銀河たちの引力によって、どんどん引きちぎられています。明るく輝く青い光のすじは、銀河を引き裂くという宇宙的な犯罪のはっきりとした証拠です。もっと近づいて調べてみると、これらの青いすじは熱くて明るい、若い星が並んでいるのです。

  ESO 137-001は、グレート・アトラクターの中心に近いところにある、じょうぎ座銀河団の一部です。でも私たちは、グレート・アトラクターって何であるか、はっきりわかってはいません。しかしその名前は間違いなくふるまいにあらわれています! 巨大な引力源という意味のグレート・アトラクターと名付けられた場所は、とっても巨大で、とっても強い引力を持っているので、そこに向かって全宇宙の銀河団を引き寄せています!  私たちの銀河でさえ、この謎に満ちたにところに向かって、ゆっくりと引き寄せられているのです。

知っ得ダネ

  グレート・アトラクターの性質は天文学者にもまだ全くわかっていません。おそらく、グレート・アトラクターは、たくさんの銀河が集まった巨大なかたまりで、太陽の何兆倍もの質量があるのでしょう。

This Space Scoop is based on a Press Release from ESA.
ESA
写真
印刷用ページ
もっとスペース・スクープについて

もっと知りたい方へ

スペース・スクープとは何?

天文学の発見

つぎの宇宙探検家を励ますこと

スペース・スクープのなかまたち

お問い合わせ

このウェブページはn° 638653の助成によるECH2020プログラム基金によって作られました。