宇宙の住所録(じゅうしょろく)
2012年6月20日

上の新しい写真は、NGC6357(エヌ・ジー・シー)という星雲の中心をたてに流れるチリでできた川を撮影(さつえい)したものです。この写真は、NGC6357のごく一部しか表示されていませんが、この写真を特別なものにしてくれています。今までに、この星雲の一部を撮影した中では最もくわしい写真になっています。それにしても、NGC6357って機械的で覚えにくい名前ですね。

名前にある「NGC」とは、宇宙の住所録のようなもので、「New General Catalogue:ニュー・ジェネラル・カタログ(日本語にすると「新一般カタログ」)」の頭文字の略です。これは天文学者たちが使っている、遠い宇宙の天体の最長のリストです。銀河や星雲のようなあらゆる種類の遠くの天体をいるので、たくさんの天体が登録されています。「星雲」とは、この写真のようなガスやチリでできた雲の専門用語です。宇宙の住所録としては、他にも特定の種類の天体のみが一覧にまとめられたものもあります。

知っ得ダネ

このニュー・ジェネラル・カタログには、なんと7,840個の天体がふくまれています。

This Space Scoop is based on a Press Release from ESO.
ESO

この記事はESO(ヨーロッパ南天天文台)からの発表報道によります。

写真
印刷用ページ
もっとスペース・スクープについて

もっと知りたい方へ

スペース・スクープとは何?

天文学の発見

つぎの宇宙探検家を励ますこと

スペース・スクープのなかまたち

お問い合わせ

このウェブページはn° 638653の助成によるECH2020プログラム基金によって作られました。