宇宙にうかぶぼんやりとした横顔
2012年2月1日

空の雲を見て、その中に物や人の形を見たことがありますか?天文学者たちは夜空で同じようなことをしています。

この新しい写真は、星雲という宇宙のガスとチリでできた雲です。新しい星ぼしは星雲の中で生まれるため、星形成領域(ほしけいせいりょういき)ということもあります。これらの生まれたての星は非常に熱くて、雲の中のガスが明るくかがやきます。つまり、望遠鏡を通してそれらを見ることができるのです。

これらの宇宙にうかぶ雲の中には、馬頭(ばとう)星雲のように、見える形の名​​前が付けられています。しかし、先の星雲がなぜガブリエラ・ミストラル星雲と呼ばれているのかご存じですか?この写真にヒントがあります。写真をクリックすると、画像全体が表示されます。さて、星雲のあわいピンクの部分の右はしをよく見てください。

何が見えてきますか?人の顔の輪郭(りんかく)が見えませんか?天文学者たちは、ガブリエル・ミストラルというチリの有名な詩人の顔に非常によく似ていると考えました。星雲と詩人の写真を比べて見るには、ここをクリックしてください。ちょっと気味悪いほど似ているでしょ?

知っ得ダネ

詩人のガブリエラ・ミストラルさんは、いくつかの大きな望遠鏡のあるチリのアタカマ地方で生まれたため、天文学との関わりはさらに強くなっていますね。

This Space Scoop is based on a Press Release from ESO.
ESO

この記事は、ESO(ヨーロッパ南天天文台)の報道発表によります。

写真
印刷用ページ
もっとスペース・スクープについて

もっと知りたい方へ

スペース・スクープとは何?

天文学の発見

つぎの宇宙探検家を励ますこと

スペース・スクープのなかまたち

お問い合わせ

このウェブページはn° 638653の助成によるECH2020プログラム基金によって作られました。