高速回転している星のふしぎな事件
2011年12月5日

まるで探てい団のように、天文学者たちのグループはナゾを解こうとしています。最近、私たちの太陽よりも約25倍重く、300倍以上速く回転する変わりものの星を発見しました。重い星の中で、この星よりも速く回転しているものはありません。

そして、星が信じられないほど速く回転している一方で、近くの他の星よりもゆっくりと宇宙空間を移動するという変わった動きも見せています。そう、何とふしぎ星なのでしょう。

この写真の矢印は、現在調査中のその星をさしています。天文学者たちは、どうして他の星とは違うような回転や動きをしているのかを知ろうとして、いま起きているかもしれないことを説明する物語を作りました。この星は、もともと若い頃にはお連れの星を持っていた可能性があります。この2つの星が非常に接近していた時、星は元気づけるおやつのように、お連れの星からあまった材料をもらうことによって、もっとすばやく回転できる力にしました。

しかし、高速回転する星にはもはやお連れの星が今はいないとなると、その星はどうなったのでしょうか?天文学者たちは、お連れの星が超(ちょう)新星と呼ぶ爆発したと考えています。超新星爆発(ばくはつ)のいきおいは、高速回転する星をおしのけました。このように、おしのけられた星は、新しい場所に追いやられました。そこで、周りの星とちがった動きである、ゆっくりとした動きの変わり者の星になりました。こんな話なのかもしれません。

天文学者のフィリップ・デュフトンさんは、「この星は確かに、最も重い星の短くてドラマティックな人生についての、興味深い手がかりをあたえています。」 と語っています。

知っ得ダネ

この巨大な星の回転している速度と同じ速さで飛行する飛行機なら、地球の赤道を一周するのにおよそ1分しかかかりませんよ。

This Space Scoop is based on a Press Release from ESO.
ESO

この記事は、ESO(ヨーロッパ南天天文台)からの報道発表によります。

写真
印刷用ページ
もっとスペース・スクープについて

もっと知りたい方へ

スペース・スクープとは何?

天文学の発見

つぎの宇宙探検家を励ますこと

スペース・スクープのなかまたち

お問い合わせ

This website was produced by funding from the European Community's Horizon 2020 Programme under grant agreement n° 821832