宇宙動物園のライオンたち
2011年7月27日

  このきれいな写真は、新型望遠鏡VSTで撮影(さつえい)されました。これは、しし座の三つの銀河として知られているものです(写真をクリックすると三つとも見えます)。ふつう大型望遠鏡は、これらの銀河のうちの一つだけを調べることができます。しかしVSTはこれら三つの銀河のすべてを、一回で一枚の写真におさめることができます!

  この三つの銀河はしし座の三つ子とよばれています。なぜならば、夜空にうかぶ、しし座という星座の中にあるからです。

  星座とは夜空にうかぶ絵のことで、いくつかの星と星を、いろいろな品物ものの形や動物、あるいは人のすがたとして、ちょうど点と点をつなぐパズルのようにみたいに、結んでできたものです。 しし座の“しし”という言葉は古い言葉で“ライオン”の意味ですから、この星座はライオンの姿のように見えるはずです。 でも実際、どんな星座の写真でもその名前のようには見えません。そう見ようと思ったら、とっても想像力が必要です。

  もしかして、あなたはすでに新聞や雑誌の星占い(うらない)で、しし座、乙女(おとめ)座、魚座などの星座の名前を知っているかもしれませんね。これらの星座は黄道(こうどう)十二星座といいます。

  これらの星座を使って人々の未来を予測することを占星術(せんせいじゅつ)といいます。しかし、天文学者たちはみんな、これが意味のないことであることを知っています。なぜなら黄道十二星座は、人々の暮らしに何の影響(えいきょう)もあたえないからです!

  人々は、天文学(アストロノミー)と占星術(アストロロジー)を、ごちゃまぜにすることがよくありますが、それらはまったく別のものです、天文学は科学ですが、占星術は科学ではありません!

知っ得ダネ

  ほんとうは黄道にある星座は13個ですが、星占いをしている人たちは「へびつかい座」という星座を無視して、黄道には12個の星座しかないと言っています!

This Space Scoop is based on a Press Release from ESO.
ESO

この記事はESOからの報道発表によります。

写真
印刷用ページ
もっとスペース・スクープについて

もっと知りたい方へ

スペース・スクープとは何?

天文学の発見

つぎの宇宙探検家を励ますこと

スペース・スクープのなかまたち

お問い合わせ

このウェブページはn° 638653の助成によるECH2020プログラム基金によって作られました。